マンション運用 マンション経営 不動産
マンション運用で経済的自由と資産形成

マンション運用・マンション経営のご案内

マンションを購入して賃貸することで、家賃収入を得る事をマンション運用・マンション経営、またはマンション投資と呼んでいます。
低金利の現状で預貯金・金融商品では資産運用による高利回りを望むことが困難な時代が続いている今、資産形成の方法として、マンション運用がより良い方法 として見直されています。
昨今、年金不安の時代にご自身の年金対策として、万が一の時の生命保険の代わりにも役立ちます。
資産形成の方法として、満足しながら将来微笑んで頂ける様にご案内させて頂きたいと思います。

資金負担について

マンションを購入されるときの資金負担は、思っているほど資金負担無く所有出来ます。
マンションを購入する場合、住宅ローン融資を受けれますので融資を活用することで、自己資金が少額ですみます。
毎月のローン返済は、大半が家賃収入を返済資金に充当して頂くことで、毎月の返済額の負担が少なくなります。
住宅ローンを組んでマンションを購入し、ローン返済額を賃料でカバーしながらマンション運用をされて、ローン完済後は安定した家賃収入が確保出来ます。
自己資金だけでなく、住宅ローンを使うことができるという点がマンション投資の大きな特徴です。

マンション運用で自分年金として

最近大きな問題の「年金」。少子高齢化時代が進み年金財政を直撃し、受給額が減少する時代です。
購入したマンションを賃貸して得られる収入を「賃貸収入・家賃年金」として充てることができれば、公的年金不足分を補い、老後の安定した生活を実現するこ とができるのです。
定年退職の時期に照準を合わせてローンを完済するようにすれば、月々の家賃がそのまま収入になります。
家賃収入が個人年金となり、公的年金だけで生活する方と比べて、ゆとりが増えるといえます。
将来に向けて経済的自由と豊かな老後を過ごすためにマンション運用が役立ちます。
リンク進む矢印老後の年金対 策

生命保険の代わりとしてマンション運用

マンションを買うと「生命保険」がついてくる!?
マンションを購入すると、住宅ローンに「団体信用生命保険」が付帯しています。
返済中に万が一のことがあった場合、(ローン名義人が亡くなったり)、重度の後遺障害になった場合、全てのローン残債が保険金で一括返済されます。
つまり家族の方にはローンを完済した無借金のマンションが残ります。
もちろんこれを売却すれば多額の現金が得られますし、引き続き賃貸として運用すれば、安定した家賃収入を長期的に確保できます。
マンション価格と同額の生命保険に加入する場合とを比較してもたいへん有利です。
リンク進む矢印生命保険代わり

マンション運用で資産形成

マンションを購入して、賃貸する事で毎月家賃収入を得られます。
低金利時代に4%〜5%台の運用利回りを得られます。(購入する物件により利回りは変わります)
マンション購入の時に住宅ローンを組む事で、初めの投資資金を少なくして毎月の返済は家賃収入でほとんどをカバーして毎月の運用が出来ます。
マンション運用は、高い運用利回りで安定した賃貸需要、優れた投資効率を得ながら資産形 成をする事が出来ます。
マンション運用は、その他の金融商品(株投資、債権等)と比べても期待がもてる商品でしょう。

節税効果・税金還付の効果が期待出来るマンション運用

ワンルームマンションの経営では、「必要経費」が認められます。
その結果、ほとんどの方は不動産所得より経費の方が上回って、帳簿上赤字になることがあります。
この不動産所得の赤字を確定申告によって給与所得などから赤字分を差し引くことができ、税金の還付を受けることができます。
また、不動産の評価額は現金や有価証券に比べてきわめて低いため、相続・贈与対策でも有利になります。

お子様の住まい、セカンドハウスとしてのマンション運用

都心のマンションは、資産運用の住まいとして使われるのが一般的で今も主流ですが、お子様の住まいとして、また将来の進学に備えて都心の好立地の物件を購 入して頂く方法もあります。
最近はセカンドハウス、書斎、アトリエ、SOHOと呼ばれる個人事業形態が増加傾向にあります。
都市型個人事務所、小規模事務所などにも使われるようになり、都心のマンションは快適な仕事場にもなるのではないでしょうか・・・・・
また、短期貸し用マンスリーマンションなどにも使われるようになり、都市のマンションのニーズそのものが年々多様化してきています。
つまり、将来的に供給が需給を上回った場合でも、住宅以外の新しいニーズに対応できるということです。
ご自身達の使用が終了した時点でも多様な使用形態が見込めます。


↑ページの先頭へ戻る